フィードフォースベトナム
page icon

フィードフォースベトナム

Feed a Force for Good and Change

B2B × SaaS のイノベーションを通して、クライアントのECを支援します。

サービス

ベトナムや他東南アジア諸国に販路を拡大するお客様向けに、ローカルEC・越境ECのマーケティング支援やShopifyアプリ開発をしています。
ECモール運営支援
東南アジア最大のECモールであるShopee・Lazadaなどの開設・運営をサポートしています。
デジタル広告運用
ECモールの開設・運営だけでなく、お客様の売上拡大をサポートします。
お客様の商材、顧客ニーズ、国の特徴に合わせ、最適な広告戦略をご提案いたします。
ECサイト制作
Shopifyは、世界最大級のECサイト制作プラットフォームです。弊社では、Shopifyの優れた機能を最大限に活用することで、お客様のご要望にお応えいたします。
Shopifyのメリット:
  • Facebook・Googleとの連携、在庫運用、ECモール間の商品データ共有など機能の拡張性が高い
  • アプリケーションやデザインが豊富にあり、ストアを自由にカスタマイズできる
 
Shopifyアプリ開発
Shopifyアプリ『越境ECフィード』を提供しています。
ShopifyとShopee/Lazadaを連携させることで、Shopify上での商品登録・同期や注文処理が可能となり、ECの課題である「リソース不足」を解消し、東南アジア市場への販売促進を実現します。

私たちについて

Feedforce Vietnamフィードフォースグループの子会社として、2021年11月にホーチミン市に設立されました。
 
フィードフォースグループは2019年に東証マザーズ(現東証グロース)に上場した、日本発のデジタルマーケティング企業です。EC・Shopify支援を軸に、様々な独自のサービスを提供しています。
フィードフォースグループはShopifyエキスパートに認定されています。
フィードフォースグループはShopifyエキスパートに認定されています。
 

私たちを選ぶ理由

 
 
 

安心のサポート体制

[コンサルタント]
広告運用やデータ分析に強みを持つ、東南アジアECに精通したメンバーが揃っています。ShopeeやLazadaの運用サポートでは、ローカル言語を使用し、現地の顧客ニーズや市場動向を踏まえた提案を行うことが可能です。
[エンジニア]
ShopifyからShopee・Lazadaへの商品登録自動化システムを開発する等、技術面からサポートいたします。
 
 

ワンストップサービス

Shopee・Lazadaのショップ運営にて工数がかかる、プロモーション施策を弊社に一任いただけます。また、施策の効果を定量的に分析し、お客様にレポーティングいたします。
一連の作業を一任いただくことで、お客様は本来のマーケティング活動に専念できます。

PDCA によるCV拡大

ショップ設計、広告設計といった戦略の立案から、掲載情報やタイトルの最適化、広告運用までトータルで対応することで効果を最大化します。
施策のPDCAをデータに基づいてスピーディーに実施することで、CV拡大に繋がります。

ご支援内容のイメージ

企業情報

企業名FEEDFORCE VIETNAM COMPANY LIMITED (フィードフォースベトナム有限会社)
事業内容Webマーケティング支援、ECサイト制作、Webアプリケーション開発
設立2021年11月2日
代表者Mori Daisuke - 森大輔, CEO (LinkedIn)
連絡先info@feedforce.vn

リリース

「Global Step Project ー東南アジア販路開拓パッケージサービスー」をアパレルウェブ・オープンロジ・フィードフォースベトナムが共同で開始
近年、コロナ禍や円安の影響を受け、海外ユーザーによるECでの日本製品購入が増えています。また、マルチチャネルコマースプラットフォームShopify(ショッピファイ)の普及や、Shopee(ショッピー)・Lazada(ラザダ)といったアジアでプレゼンスの高いECモールの存在など、企業が越境ECを開始しやすい環境も整いつつあります。しかしその一方で、いまだ「越境ECは何から手を付ければいいか分からない」「越境ECを行うにはリソース不足だ」といった声が多いのも事実です。 今回「Global Step Project」では、越境ECに必要なそれぞれの領域に強みを持つ三社がタッグを組み、越境ECにチャレンジしたい企業をサポートする、デジタル・リアルを組み合わせた海外販路拡大サービスを提供します。 ◆ 急拡大する東南アジアのEC市場 東南アジア主要6カ国(シンガポール・マレーシア・インドネシア・タイ・ベトナム・フィリピン)のEC市場規模は急速に拡大しており、2025年までに日本国内のEC市場規模を超えると予測されています。 ※出典:Google、Temasek、Bain & Co.「e-Conomy report SEA 2021」 https://www.bain.com/globalassets/noindex/2021/e_conomy_sea_2021_report.pdf 東南アジアの消費者は、親日派が多く、日本の文化や製品に高い関心を持っています。また、先述した東南アジアの越境ECモール(Shopee・Lazada)は、他モールよりも手数料が安価なことから、日本企業にとって参入しやすい地域となっています。なかでもシンガポールは、①英語圏、②(国民の)可処分所得が高いため、東南アジアでも最初のターゲット国になり得る国です。 ■ 越境ECサイト構築 ・越境EC用Shopifyサイト構築 ・越境ECコンサルティング ・海外向けGoogle・Facebook広告運用代行 ・海外向けSNS運用代行 ・物流フルフィルメントプラットフォーム【保管・梱包・通関書類・配送など】 ■ モール出店(すでに越境ECサイトをお持ちの場合) ・モール出店代行【許可申請・出品代行・商品翻訳・決済代行・画像制作】 ・モール内広告など各種プロモーション運用代行 ・カスタマーチャットサポート代行 ・物流フルフィルメントプラットフォーム【保管・梱包・通関書類・配送など】 ■ 越境ECサイト構築+モール出店+ポップアップ出店(総合的な東南アジア進出支援) ・上記2点のサービスに加え、シンガポールでのポップアップ(※)実施により、本格的な海外進出の足がかりへ ※料金は別途お問い合わせください。 ※シンガポールでのポップアップ実施については、アパレルウェブの現地子会社:AWSG PTE LTD.がサポートします。 ◆ 今後の展望 各社の東南アジア拠点を活かし、Shopifyのサイト構築・モール出店に加え、デジタル・リアルの両面で支援範囲を広げていくことを予定しています。 ・Shopify・モール運営を一元化するシステム提供 ・独自のモール型サイト構築 ・(シンガポール以外の)東南アジア各国でのポップアップ出店 ・東南アジアでのフルフィルメント倉庫の設置 ■ 株式会社アパレルウェブ 所在地:東京都中央区日本橋本町1-9-13 日本橋本町1丁目ビル5F 代表者:代表取締役CEO 千金楽 健司 事業内容:ソリューション事業、プラットフォーム事業、海外事業他 Webサイト: https://www.apparel-web.co.jp ※AWSG PTE LTD.はアパレルウェブの子会社です( https://awsg.asia/ja)。 ■ 株式会社オープンロジ 所在地:東京都豊島区東池袋1丁目34-5 いちご東池袋ビル9F 代表者:代表取締役社長 CEO 伊藤秀嗣 事業内容:物流フルフィルメントプラットフォーム Webサイト: https://corp.openlogi.com/ ■ FEEDFORCE VIETNAM COMPANY LIMITED 所在地:35 Xuan Thuy, Thao Dien Ward, Thu Duc City, Ho Chi Minh City, Vietnam 代表者:代表取締役 森 大輔 事業内容:越境EC支援関連事業 Webサイト: https://feedforce.vn/ ※FEEDFORCE VIETNAM COMPANY LIMITEDは、フィードフォースグループ株式会社の子会社です。 <本件に関するお問い合わせ先> Global Step Project事務局 E-mail:gsp@apparel-web.com